HOME >  矯正“初診”者へ >  口元を美しくする矯正治療

口元を美しくする矯正治療


「口元を美しくしたい!」と歯科医師(矯正医)に言わなければ伝わらない!

口元が美しくならない矯正治療もあります。

“矯正歯科治療を始める・・・”というと歯並びをよくすること「だけ」とイメージされる方がいらっしゃいますが、矯正歯科治療は歯並びをよくする「だけ」ではなく、口元の美しさや顔のバランス等、当然、歯だけでなく歯の根の状態を考慮して口腔内を健康に保つ等、様々なことを考える必要があります。
歯並びはよくなっても、「NG矯正(矯正失敗事例)」などのように、口元が突出するなどして美しくならなかったのでは、矯正治療を受けた意味もうすれてしまいます。

矯正歯科治療ではきれいな歯並び「だけ」でなく、
“口元の美しさ”

“理想的なかみ合わせ”
を得ることも重要です。

しかし、医院によっては「歯を並べることだけ」を目標(Goal)にしている医院もあります。

ですから矯正を担当する歯科医師には、

●「口元を美しくしたい!」
●「理想的なかみ合わせを得たい!」
●(子供が大きくなった時)「美しい口元を残してやりたい」

ということをしっかりと伝えて、お互いの目標(Goal)を確認しましょう。
※矯正歯科治療はゴムをかけて頂いたり、保定装置をつけて頂いたり患者さんの協力が必要です。また使用する装置やテクニックによって目標(Goal)の差も出てきます。だからこそお互いに目標(Goal)を確認し、話し合うことが必要であると考えます。

■当院では、かみ合わせはもちろん、
「美しい口元」を目指して治療を行います。

下記は当院で行った治療前後の症例です。口元が美しく変化していることお分かりになりますか?

上突咬合 / じょうとつこうごう(出っ歯)

治療開始時年齢
13歳
性別
男子
治療期間
2年8か月

治療前
治療前

治療後
治療後

治療前
治療前

治療後
治療後

両突歯列 / りょうとつしれつ(上下顎前突)

治療開始時年齢
21歳
性別
女子
治療期間
2年5か月

治療前
治療前

治療後
治療後

治療前
治療前

治療後
治療後

外科的矯正治療 / げかてききょうせいちりょう

治療開始時年齢
15歳
性別
女子
治療期間
2年8か月

治療前
治療前

治療後
治療後

治療前
治療前

治療後
治療後

治療前
治療前

治療前
治療後

その他の症例はこちらからご覧ください

「どの程度口元が美しくなるか?」までしっかりと説明を受けてください

私の経験上、矯正歯科治療を受けたいと考える患者さんの多くは、歯並びを良くすることだけでなく、「口元を美しくしたい!!」という要望が、口に出さないまでも多くあるように思います。

しかし、患者さんの中には、矯正歯科治療=歯並びを良くするだけ!と勘違いしていて「口元を美しくしたい!」と言わない方がいらっしゃいます。もしくは、声高に「きれいになりたい!」というのは、ためらうところがあるのかもしれません。

私は矯正専門医ですから、言われなくても、できる限り口元が美しくなるような治療計画と方針を立てますが、

全ての歯科医師が
「口元を美しくしよう」として
矯正治療をしているわけではありません。

ですから、これから矯正治療を始めようと考えている方が、「口元を美しくしたい」または将来お子さんに「きれいな口元にしてやりたい」と考えているのであれば、矯正を担当する歯科医師に、「口元を美しくしたい!」と伝えるとともに、

「どの程度口元が美しくなるのか?」
の説明をしっかりと受けることが大切です。

最後に、このセクションでは、「口元を美しく!」という審美的なことのみをご説明しましたが、言うまでもなく、健康的かつ理想的なかみ合わせを伴うことが重要です。審美的な説明だけを受けるのではなく、このようなこともあわせて説明受け、確認をすることが重要です。

ページトップ