HOME >  矯正“初診”者へ >  NG矯正とは?(矯正失敗事例)

NG矯正とは?(矯正失敗事例)

NG矯正とは、適切な治療がおこなわれず
失敗してしまった矯正のことです。

矯正治療をおこなったのに不正咬合が改善されなかった明らかな失敗例はもちろん、治療途中で患者さんが不安を感じて転医をしなければならなくなるようなケースも“失敗”=NG矯正と考えています。

  • 近所の歯科で矯正治療を始めたら、途中で突然治療方針が変わった。
  • 不安を感じて担当医に質問をしても、はっきりとした説明を得られなかった。
  • 雑誌や口コミサイトで絶賛されていた治療方法を希望して受けたら、だんだんかみ合わせが悪くなって来て口を閉じることができなくなってしまった。
  • 矯正治療が終わって歯はきれいに並んだけれど、かみ合わせがおかしい。
  • 矯正治療中にあごが痛いと感じていたら、顎関節症になってしまった。

これらは実例で全てNG矯正です。NG矯正の原因は、矯正を担当する歯科医師の治療目標(Goal)の違いや経験不足にあるように思います。

こういう矯正治療を受けないために

「NG矯正」と言わざるをえない症例

私は矯正専門医ですが、歯科医師でもあります。医の倫理的観点からしても、他の歯科医師のことはとやかく言いたくありません。しかし理由はともかく、矯正の専門家から見て患者さんが被害者と思われる症例があることも事実なのです。

「口元を美しくしたい!」としっかりと伝え、口元が美しくなる旨の説明を受けたにもかかわらず、

  • 最初の説明と違って、いつまで経っても治療が終わらない
  • 歯並びは良くなったが、口元が突出してしまい口元が閉じなくなった(最初に説明が無かった)

などの症例は、「NG矯正」と言わざるをえないものだと考えます。

NG矯正の症例

Case1. 歯は並んだけど、前歯が出てきて口が閉じられない、なぜ?


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
27歳11ヵ月
当院での動的治療期間
2年3ヵ月
主訴
矯正治療を受けたらだんだん前歯が飛び出して来て、口が閉じられなくなった
前医での治療
拡大装置を使う非抜歯治療

Case1.の転医症例

Case2.矯正したら、あごや頭が痛くなった?!


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
22歳
当院での動的治療期間
1年11ヵ月
主訴
3年かけて矯正治療を受けたのにうまく噛めない。かみ合わせが不安定になったせいで顎関節症を発症し、あごや頭の痛みに苦しむようになってしまった。
前医での治療
抜歯矯正(下顎左右の第一小臼歯)・不良な補綴(詰め物)

Case2.の転医症例

Case3.次回で矯正治療は終了と言われたけど、咬めない!あごが痛い!


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
14歳8ヵ月
当院での動的治療期間
2年1ヵ月
主訴
次回で矯正治療が終了だと言われたが、中心がズレているし、よく咬めない。口元が出てきて、あごの関節が痛くなってきた。
前医での治療
拡大装置とマルチブラケットを使う非抜歯治療が小学2年生から続いていた(約7年間)

Case3.の転医症例

Case4. 次回で矯正治療は終了と言われたけど、出っ歯のままでうまく咬めない!


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
30歳1か月
当院での動的治療期間
1年8か月
主訴
次回で矯正治療が終了だと言われたが、出っ歯のままでよく咬めない。何かおかしい。

Case4.の転医症例

Case5. 広げたら飛び出した。しかも、きれいに並ばないから削った?大切な前歯なのに!!


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
32歳3か月
当院での動的治療期間
2年5か月
主訴
矯正治療を受けたらだんだん前歯が飛び出して来て、口が閉じられなくなった。左上前歯(でこぼこしているところ)を勝手に削られ不信になった。

Case5.の転医症例

Case6. まだ治すところがあるのに、本当に「終わり」ですか?


当院初診時


当院治療後

再治療開始年齢
33歳8か月
当院での動的治療期間
1年6か月
主訴
次回で矯正治療が終了だと言われたが、でこぼこが残っている。
前医での治療
下顎右側第一小臼歯と左側第二小臼歯の合計2本を抜歯し、マルチブラケット(ストレートエッジワイズ)にて治療を行っていた(約2年間)

Case6.の転医症例

ページトップ