HOME >  院長治療例 >  外科的矯正治療 >  外科的矯正治療の患者さんのケース【治療前】

外科的矯正治療の患者さんのケース【治療前】

治療前/横顔

治療前/横顔

治療前/横口元

治療前/口元

治療前/口元

治療前/口元

治療前/口腔内

治療前/口腔内

年齢15歳6か月、永久歯列がそろい、あごの成長が落ち着きしました。
初診時よりもやや下突咬合が強くなり、口元の変化も下唇の突出感が強くなりました。
治療方針は、術前矯正治療として、叢生および正中のずれの改善のため上顎左右第一小臼歯、下顎右側第一小臼歯、下顎左右第三大臼歯(合計5本)を抜去
し、マルチブラケット装置を用いて行うこととしました。

臼歯関係、プロファイル、下顎正中のずれの改善は左右の下顎枝矢状分割術(下顎骨のみの外科手術)により行い、術後矯正治療にて仕上げを行うこととしました。

★外科的矯正治療についての参考サイト★

新潟大学医歯学総合病院歯科・矯正歯科診療室
外科矯正.com(外科矯正に関する情報発信サイト)
Comment ca va? / 矯正・外科手術日記

ページトップ