HOME >  院長治療例 >  過蓋咬合(深いかみ合わせ)

過蓋咬合(深いかみ合わせ)

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、下の前歯が見えないくらい、上の歯のかみ合わせが深い状態をいいます。その名の通り、上の歯が下の歯のふたになってしまっているような状態です。原因は、遺伝による先天的理由の他、鼻の病気、舌癖などによる後天的理由があります。症状としては、食べ物がかみづらい、下顎の運動障害により顎関節症になりやすい、また下の歯で上の歯茎を傷つけることもあります。

過蓋咬合の患者さんのケース 【2期の矯正治療】

治療前/口腔内
治療前

治療後/口腔内
治療後

初診時年齢18歳の女性で、主訴は前歯のでこぼこでした。前歯のかみ合わせが特に深く(過蓋咬合)著しい叢生を認めました。治療期間は2年6か月でした。顎間ゴムの協力が非常によく、カラーのゴムを希望されるところから矯正治療を楽しんでおられたように思われます。

詳細の治療内容を見る

過蓋咬合の患者さんの体験談

【矯正治療を受ける前、歯についてどんな悩みがありましたか?】
歯並びと、かみ合わせの悪さが気になっていた。

【矯正治療がおわった感想を教えてください。】
子供の頃からのコンプレックスが解消できて とてもうれしく思っています。

【矯正治療中にうれしかったこと、つらかったことがあれば教えてください。】
痛みと、食事の時ゴムを外したり、付けたりする事が大変でしたが、少しずつ・・・・

過蓋咬合の患者さんの体験談はこちら

ページトップ