HOME >  院長治療例 >  過蓋咬合(深いかみ合わせ) >  過蓋咬合の患者さんのケース【治療経過】

過蓋咬合の患者さんのケース【治療経過】

装置装着

上顎に装置を装着し、でこぼこやねじれをとっています。
透明なセラミックブラケット用い、
ご本人の希望でカラーのゴムでワイヤーをとめています。
同時にヘッドギアも始めています。

3か月後

下顎にも装置を装着し、上顎犬歯をバネで後退させています。
カラーのゴムも交換しました。

犬歯は力が逃げないように細いワイヤーで結さつしてあります。

ヘッドギアは1日平均10時間使用しているとのことでした。

1年1か月後

ゴムで上顎犬歯を後退させています。

また上顎第三大臼歯(親知らず)にも装置をつけました。
このときから顎間ゴム(II 級ゴム)も始めました。

1年7か月後

上顎切歯を後退させています。ワイヤーの力を利用しています。

力が逃げないように細いワイヤーで結さつしています。
四角いしっかりした針金に変わったため、痛みが強かったそうです。

1年10か月後

上下顎切歯が後退してきました。同時にかみ合わせも浅くなくなってきました。

1年11か月後

抜歯空隙の閉鎖が終了し、仕上げ前にもう一度歯のねじれをとっています。

1年11か月後

仕上げの針金がはいりました。

1年11か月後

針金を微調整しています。まもなく装置撤去です。

ページトップ