HOME >  院長治療例 >  開咬合(オープンバイト) >  開咬合の患者さんのケース【治療経過】

開咬合の患者さんのケース【治療経過】

装置装着

透明なセラミックブラケットを装着し、でこぼこやねじれをとっています。

2か月後

上下顎第二大臼歯にも装置を装着し、前歯部をゴムで閉じるように力をかけました。

痛みは予想以上にあったそうです。
同時に舌の位置や動かし方の指導を開始しました。

4か月後

ゴムで犬歯を後退させています。

10か月後

切歯を後退させています。
ワイヤーの力を利用しています。
四角いしっかりした針金に変わったため、痛みが強かったそうです。
垂直ゴムで前歯 が開いてこないように力をかけています。
舌突出癖がまだ残っていました。

1年1か月後

徐々に切歯が後退してきました。
同時に舌突出癖もなくなってきました。

1年3か月後

抜歯空隙の閉鎖が終了し、
仕上げ前にもう一度歯のねじれをとっています。

1年5か月後

仕上げの針金がはいりました。

1年8か月後

ページトップ