HOME >  院長治療例 >  下突咬合(反対咬合,受け口) >  下突咬合(反対咬合,受け口)の患者さんのケース【初診時】

下突咬合(反対咬合,受け口)の患者さんのケース【初診時】

初診時/横顔

初診時/横顔

初診時/横口元

初診時/口元

初診時/口元

初診時/口元

初診時/口腔内

初診時/口腔内

初診時年齢16歳の女子で、主訴は前歯のかみ合わせが反対なことでした。
骨格的なIII級で、下顔面高の大きい顔貌を呈していました。
口唇の突出感も認められます。
臼歯関係はアングルIII級。前歯部反対咬合を認め、下顎正中が右に偏位していました。
下突咬合 下突顎 偏位顎 上突歯列
治療方針は、臼歯関係、反対咬合の改善を目的に上顎第二小臼歯、下顎第一小臼歯と第三大臼歯(親知らず)を抜去し、マルチブラケット装置と顎間ゴムを用いて治療を行うこととしました。
ちなみに外科的矯正手術による治療の説明もしましたが、希望されなかったため、矯正治療単独での方針となりました。

下突咬合治療経過のページへ→

ページトップ