HOME >  院長治療例 >  空隙歯列(すきっ歯) >  空隙歯列の患者さんのケース【治療前後の比較】

空隙歯列の患者さんのケース【治療前後の比較】


横顔

口腔内

治療期間は2年。臼歯関係アングルI級の緊密な咬合が得られました。
若干の口元の突出感は残っていますが、オトガイ部軟組織に緊張感はなくなりました。

顎間ゴムの協力がよく、予定通りの治療期間で終了できました。
保定は上下顎FSWリテーナー(固定式)にて行いました。
保定終了後も安定した咬合を維持しています。

←治療経過のページへ

ページトップ