HOME >  サンプル|上突咬合(出っ歯)

サンプル|上突咬合(出っ歯)

上突咬合(じょうとつこうごう)とは、上の歯が前に出ているかみ合わせの状態で、上顎前突(じょうがくぜんとつ)、出っ歯(でっぱ)ともいいます。遺伝による骨格と歯の大きさのバランスが原因となることが主です。その他指しゃぶりやおしゃぶり、舌癖などの日々の生活習慣が原因となることもあります。口元をリラックスさせても口が閉じにくい、前歯で物をかみにくいなどの症状を伴うことがあります。

上突咬合の患者さんのケース

小児の上突咬合・上顎前突・出っ歯に関する歯科矯正領域の診療ガイドライン

院長が所属している日本歯科矯正専門医学会(JSO)では、「上顎前歯が突出した小児に対する 早期矯正治療に関する」歯科矯正領域の診療ガイドラインを公表しております。医療者と患者が適切な診療の意思決定を行う
ことを助ける目的で、科学的根拠を基に、系統的に作成された指針です。
歯科矯正領域の診療ガイドラインは、厚生労働省からの委託を受け、日本医療機能評価機構が運営する医療情報サービスの「Minds」に歯科矯正分野で初めて選定されたガイドラインです。

歯科矯正領域の診療ガイドライン日本歯科矯正専門医学会JSO WEBサイト
上の前歯が出ているお子さんのための矯正治療ガイドライン
Minds医療情報サービス WEBサイト

上突咬合の患者さんの1期治療

治療前

治療後

治療前
・・・治療前(9歳)

治療後
・・・治療後(10歳)

初診時年齢
9歳
性別
女児
治療期間
1年
その他
口唇閉鎖機能の改善、保定後第2期治療へ

上突咬合の患者さんの2期治療

治療前/横顔
治療前

治療後/横顔
治療後

初診時年齢13歳の男子で、主に、前歯が出ていて唇が閉じにくいことがお悩みでした。初診時は口を閉じた時に、オトガイに緊張感(下顎に梅干しの種)が認められましたが、2年8か月の治療で、前歯の突出感もなくなりリラックスした状態で口を閉じられるようになりました。

詳細の治療内容を見る

上突咬合の患者さんの体験談

【矯正治療がおわった感想を教えてください。】
理想どおりの歯ならびになって、歯に対してのコンプレックスがなくなり、自信を持って歯を見せて笑ったりできるようになった。
【矯正治療中にうれしかったこと、つらかったことがあれば教えてください。】
段々歯並びがよくなっていくのが自分でよく分かるのがうれしかった。
歯が痛くなったり、装置に食べ物がはさまるのはつらかった。

上突咬合の患者さんの体験談はこちら

ページトップ