HOME >  森下テスト|空隙歯列(すきっ歯)

森下テスト|空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(くうげきしれつ)とは歯と歯の間にすき間があいている状態で、すきっ歯、歯間離開(しかんりかい)、中心の前歯が開いている場合は正中離開(せいちゅうりかい)ともいいます。サ行が発音しにくい、食べ物が詰まりやすいため、虫歯、歯周病になりやすいなどのリスクがあります。顎の大きさと歯のアンバランスによって生じるものですが、歯の本数が先天的に少ない場合、生じることもあります。その他、舌で歯を押し出す舌癖が原因になる場合もあります。

空隙歯列の患者さんのケース【2期治療】


治療前


治療後

初診時年齢23歳の女性で、主訴は歯と歯のすき間が気になることでした。治療期間は2年で終了しています。若干の口元の突出感は残っていますが、オトガイ部軟組織に緊張感はなくなりました。

治療期間
2年 保定期間2年
※保定期間は通常2年~3年(状態により異なります)
通院回数
3~4週間に1回程度、保定期間は4~6か月に1回程度
治療費の総額の目安
2期治療:総額約67万~92万円 保定観察料:3千円/1回
副作用・リスク
歯根吸収が起こるリスクがあります。矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
治療内容
マルチブラケット装置と顎間ゴムを用いて、非抜歯にて治療を行いました。

※料金はすべて税別です。

詳細の治療内容を見る

空隙歯列の患者さんの矯正治療例

空隙歯列の患者さんの矯正治療例はこちら

ページトップ