HOME >  矯正治療例 >  過蓋咬合 / 叢生歯列

非抜歯 / 過蓋咬合 / 叢生歯列の矯正治療例

※写真の掲載に関しては、患者様の了解を得ています。
※画像はクリックで拡大されます。

こちらの初診(女性)の患者さんは、過蓋咬合 / 叢生歯列の症状がありました。

2期治療 10歳4ヶ月から治療を開始し、 2期治療 1年3ヶ月 の間、スタンダードエッジワイズ法(与五沢エッジワイズシステム)を用い矯正治療を行いました。

治療開始年齢 2期治療 10歳4ヶ月
症例分類 非抜歯 / 過蓋咬合 / 叢生歯列
動的治療期間 2期治療 1年3ヶ月
性別
区分 初診
抜歯部位 欠損歯 先天欠如歯
8 7 6 5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6 7 8
8 7 6 5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6 7 8

 

 

 

2期治療 
10歳4ヶ月   11歳8ヶ月

矯正治療について

■治療費の総額の目安
1期治療:総額約25万~39万円  2期治療:総額約67万~92万円 
保定観察料:3千円/1回 保険診療:保険診療自己負担額(3割負担)
※具体的な料金は患者さんごとに異なります。
■保定期間
通常2年~3年(状態により異なります)
■通院回数

3~4週間に1回程度、保定期間は4~6か月に1回程度
■副作用・リスク

歯根吸収が起こるリスクがあります。矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。 矯正治療は自由診療となっていますが、当院は自立支援医療(育成医療・更生医療)施設・顎口腔機能診断施設に認定されているため、一部保険のきく矯正治療もあります(唇顎口蓋裂・顎変形症など)。

※記載の治療費は治療当時の金額(税別)です。