NG矯正症例Case 1


歯は並んだけど、前歯が出てきて口が閉じられない、なぜ?

再治療開始年齢:27歳11ヵ月
当院での動的治療期間:2年3ヵ月
前医での治療:拡大装置を使う非抜歯治療

主訴:矯正治療を受けたらだんだん前歯が飛び出して来て、口が閉じられなくなった

矯正治療できれいな口元になるはずだったのに!

矯正治療できれいな口元になるはずだったのに!

上は共に同じ方の写真です。
以前かかっていた歯科医院で “拡大床矯正装置(歯の裏側にネジやバネと金属線を入れて歯を広げる装置)”を用いて、歯を抜かずに歯並びを拡大する矯正治療をしたところ、だんだん前歯が前に出てきて、口まで閉じなくなってきたため、心配になり来院された患者さんです。

口元のバランスやかみ合わせを無視した治療がNGとなりました

こちらの女性は、半年ほど前から別の歯科医院で取りはずしのできる拡大床矯正装置を使って、歯を広げる治療を行っていたそうです。
「抜歯をせずに治せますよ」という言葉を信じて治療を任せたところ、治療が進むにしたがってだんだんと前歯が出て来て、カッパのようにもったりした口元になってしまいました。力を入れないと口を閉じていられなくなってしまったので、意を決してアイウエオ矯正歯科医院に相談に来られました。

前医で使用していた拡大装置。歯に装着して顎を広げます。
前医で使用していた拡大装置。歯に装着して顎を広げます。

残念ながら、こちらの女性のようなご相談は珍しいことではないのです。
実は、歯を抜かずに、歯並びだけを整えようとする矯正治療で非常に起こりやすい問題なのです。口元のバランスやかみ合わせを無視して、でこぼこの歯並びを無理やり広げるだけで矯正治療をしようとするので、行き所のない歯は、前へ前へと出てきてしまうのです。まるでカッパのように!

かみ合わせまで考慮した適切な治療計画を立てられる歯科医(歯科矯正の教育をきちんと受け、矯正臨床経験もしっかりと積んでいる歯科医)が行うのであれば、非抜歯矯正でも良い結果となることもあるのですが、安易に非抜歯をすすめて来るようであれば要注意です。

アイウエオ矯正歯科医院での治療

検査

詳しく検査をしてみると、上の前歯だけでなく、下の前歯も前に出ており、口を閉じようとすると唇も前に突出して、オトガイ部分が突っ張って緊張した状態になっていました。上の歯並びは隙間があり、下の歯並びはでこぼこがある状態でした。下の左側の前歯(中切歯)は唇側に出ていたため、約3年前に別の歯科医院で抜歯したとのことでした。そのため下の歯の正中は左側へ約2ミリずれていました。

検査

治療方針

そこで、前歯や口元の突出、隙間、でこぼこを治療する目的で、上の歯の左右の第一小臼歯(前から4本目)を2本と下の右側の第一小臼歯を1本抜歯し、上下顎スタンダードエッジワイズ装置(与五沢エッジワイズシステム)を用いて矯正治療を行いました。

治療方針
×印をつけた歯を抜歯しました

治療結果

治療は2年3か月で無事終了し、上の歯、下の歯ともに後ろに下がり、キレイな横顔になりました。それだけでなく、オトガイ部の突っ張りもなく、自然なあごになったことに満足されています。歯の隙間やでこぼこがなくなり、かみ合わせも良くなりました。レントゲンでみると、歯の根っこは平行に並んでいて、あごの関節に変化はありませんでした。

治療結果

下の左側中切歯が欠損しているため、前歯のサイズがあわず、下の歯の正中が約1ミリ右側にずれていますが、患者さんにお話ししたところ、とくに調整を希望されませんでした。現在は上下に保定装置をつけて保定観察しています。

治療前後でこんなにも変わる!

治療前後でこんなにも変わる!

白線は「Eline」といって、鼻の先とあご(オトガイ)の先を結んだ直線です。一般的に、この線に下唇の先が接するか少し後ろにくるくらいがきれいな口元と言われています。治療前では、上下口唇ともに線より大きく出っ張っています。治療後ではちょうど下唇の先が線に接しています。横顔が別人のように見えます。表情も明るくなりました。

歯を抜かずに矯正治療ができるケースはありますが、こちらのケースのように、歯をきれいに並べるだけでなく、かみ合わせも見た目もきれいにするには、抜歯をしなくてはできないケースもたくさんあります。「歯を抜かなくて良い」といわれるとつい治療を任せてしまいがちになりますが、歯を抜かないことのメリットばかりを強調して、歯を抜くことのメリット・デメリット、歯を抜かないことのデメリットについてはきちんと説明してくれないようであれば注意された方が良いと思います。

ページトップ