NG矯正症例Case 3


次回で矯正治療は終了と言われたけど、咬めない!あごが痛い!

再治療開始年齢:14歳8ヵ月
当院での動的治療期間:2年1ヵ月
前医での治療:拡大装置とマルチブラケットを使う非抜歯治療が小学2年生から続いていた(約7年間)
主訴:次回で矯正治療が終了だと言われたが、中心がズレているし、よく咬めない。口元が出てきて、あごの関節が痛くなってきた。

これで終わりですか?

こちらの写真は当院に相談に来られた初診時のものです。マルチブラケットでの治療が次回で終わることになっているとのお話でしたが、横から見ると口元が飛び出し、歯の中心(正中)も合っていません。

以前かかっていた歯科医院で、小学2年生から“拡大床矯正装置(歯の裏側にネジやバネと金属線を入れて歯を広げる装置)”で歯並びを拡大する矯正治療を始め、中学生になってマルチブラケットに切り替え、歯を抜かずに矯正治療をしたところ、こちらの写真のように上下の中心はズレたまま、カッパのようにもったりした口元になり、おまけにあごの関節まで痛くなってきたそうです。なのに、担当医にこの状態で治療は終了ですと言われたため、不審に思い、アイウエオ矯正歯科医院に相談に来られました。

前医でとった治療前の資料はこれだけ!


前医で治療を始める前のパノラマレントゲンと歯の模型

こちらの患者さんは、前医で治療を開始される前に取った資料をお持ちでしたが、歯のレントゲン写真(パノラマレントゲン)と模型だけで、最も重要な顔のレントゲン(頭部X線規格写真)がありませんでした。

前医では歯のレントゲンと雑な模型のみの検査で、治療方針を決めていたようです。これでは、歯を動かす土台となるあごの大きさや形がわからないだけでなく、あごの成長も予測できません。矯正治療を行うのであれば、きちんと検査し、担当医自身が診断をしてからでなければ、手を出すのは非常に危険です。


患者さんが持参された前医による歯の模型。これをみても質が疑われます。

7年間の矯正治療に費やした「時間」と「費用」は無駄だった!

残念ながら、こちらの女の子のようなご相談は珍しいことではないのです。結果に満足いかなくても、小学2年生から続いた7年間の矯正治療に費やした時間はもう戻りません。治療費の返金を求めても、なんだかんだ言われて返ってこなかったとのことです。

アイウエオ矯正歯科医院での治療

検査

詳しく検査をしてみると、下のあごが右に曲がり、そのため下の歯の正中は右側へ約1ミリずれていました(A)。上下の前歯が前に出ており、口を閉じようとすると唇も前に突出して、オトガイ部分が突っ張って緊張した状態になっていました(B)。あごの関節は左右とも小さい形をしていて、口を開けるときに「カクッ」と音がし、時折痛みが出るとのことでした。

治療方針

そこで、前歯や口元の突出、正中のずれを治療する目的で、上の歯は左右の第一小臼歯を2本、下は右側の第二小臼歯と左側の第一小臼歯の2本を抜歯し、上下顎スタンダードエッジワイズ装置(与五沢エッジワイズシステム)を用いて矯正治療を行いました。


×印をつけた歯を抜歯しました

治療結果

治療は2年1か月で無事終了し、上の歯、下の歯ともに後ろに下がり、キレイな横顔になりました(C)。それだけでなく、上下の歯の正中も一致しかみ合わせも良くなり、自信を持って笑えるようになったと喜ばれています。さらに、あごの痛みがなくなり何でも安心して咬めるようになったことが一番満足されています。レントゲンでみると、歯の根っこは平行に並んでいて、あごの関節に異常はありませんでした(D)。
現在は上下に保定装置をつけて保定観察しています。

治療前後でこんなにも変わる!(口元写真の比較)


左:当院初診時の口元(14歳8か月)
右:当院での治療後の口元(16歳11か月)

白線は「Eline」といって、鼻の先とあご(オトガイ)の先を結んだ直線です。一般的に、この線に下唇の先が接するか少し後ろにくるくらいがきれいな口元と言われています。当院初診時では、上下口唇ともに線より前に出っ張っていました。治療後ではちょうど下唇の先が線に接しています。横顔が別人のように見えます。

「早く始めれば歯を抜かずに矯正治療ができる」とうたう広告をよく見かけますが、こちらのケースのように、早くから始めても無駄に終わる場合もあります。歯を並べるだけでなく、かみ合わせも見た目もきれいにするには、きちんと検査をし、成長予測を行い、適切な治療時期に矯正治療を開始することが必要なのです。もちろん抜歯が必要かどうかも予測可能です。「早く始めれば歯を抜かずにできる」「早く始めれば早くおわる、安くできる」といわれるとつい治療を任せてしまいがちになりますが、その根拠や結果(ゴール)についてきちんと説明してくれないようであれば注意された方が良いと思います。

この見極めが「後悔しない歯科矯正」への第1歩なのです。

ページトップ