HOME >  院長治療例 >  空隙歯列(すきっ歯) >  空隙歯列の患者さんのケース【治療前後の比較】

空隙歯列の患者さんのケース【治療前後の比較】


横顔

口腔内

治療期間は2年。臼歯関係アングルI級の緊密な咬合が得られました。
若干の口元の突出感は残っていますが、オトガイ部軟組織に緊張感はなくなりました。

顎間ゴムの協力がよく、予定通りの治療期間で終了できました。
保定は上下顎FSWリテーナー(固定式)にて行いました。
保定終了後も安定した咬合を維持しています。

←治療経過のページへ

治療内容:マルチブラケット装置と顎間ゴムを用いて、非抜歯にて治療を行いました。
治療期間:2年
保定期間:2年※保定期間は通常2年~3年(状態により異なります)
通院回数:3~4週間に1回程度、保定期間は4~6か月に1回程度
治療費の総額の目安(自費):2期治療:総額約67万~92万円 保定観察料:3千円/1回
副作用・リスク:歯根吸収が起こるリスクがあります。矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
※記載の治療費は治療当時の金額(税別)です。

ページトップ