HOME >  院長治療例 >  偏位咬合(前歯の左右のズレ)

偏位咬合(前歯の左右のズレ)

偏位咬合(へんいこうごう)とは、上の歯列と下の歯列のいずれか、あるいは両方が左右方向にズレている状態をいいます。かみ合わせも左右どちらかに偏りが生じている場合が多く、顎の負担、歯への負担が大きくなります。また顔面の非対称があきらかになるかみ合わせです。主に先天的な骨格などが原因ですが、頬杖などの習慣により生じる場合もあります。

偏位咬合の患者さんのケース【2期治療】

治療前/口腔内
治療前

治療後/口腔内
治療後

初診時年齢10歳10か月の女子で、主訴は前歯のでこぼこと上下の真ん中がずれていることでした。
年齢12歳5か月、永久歯列がそろい、顎の成長が落ち着ちついたため、治療を開始しました。治療期間は2年8か月でした。外科的顎矯正手術を併用せずに治療が終えられ、たいへん満足されておりました。

詳細の治療内容を見る

偏位咬合の患者さんの体験談

【矯正治療を受ける前、歯についてどんな悩みがありましたか?】
娘は乳歯の時から歯が大きく、永久歯になるとさらに大きくなり、予想通り歯並びがでこぼこになってしまいました。
小学校に入学した時から、永久歯が生えそろったら矯正治療を受けさせようと考えていました。
【矯正治療がおわった感想を教えてください。】
治療費は確かに高額ですが、あのでこぼこの歯がこんなにきれいに変わったのを見ると、・・・・

偏位咬合の患者さんの体験談はこちら

ページトップ