HOME >  院長治療例 >  偏位咬合(前歯の左右のズレ) >  偏位咬合の患者さんのケース【治療経過】

偏位咬合の患者さんのケース【治療経過】

装置装着

でこぼこやねじれをとっています。
初めての装置なので慣れるまで5日くらいかかったそうです。
痛みは3日間ほどあったそうです。
同時にヘッドギアも夜のみ開始しました。

1か月後

ワイヤーを交換し引き続きでこぼこやねじれをとっています。
ヘッドギアは10時間/日使用しているとのことでした。

3か月後

さらにワイヤーを太くしでこぼこやねじれをとっています。

4か月後

左上の犬歯をバネで後退させています。

6か月後

第二大臼歯にも装置装着し、
顎間ゴム(垂直ゴム)にて反作用を抑えています。

9か月後

ワイヤーを交換し、引き続き第二大臼歯のコントロールを行っています。

10か月後

バネとゴムを用いて犬歯を後退させています。

1年4か月後

犬歯が後退し、臼歯犬歯関係が I 級になったため、
ヘッドギアの使用を終了し、細かな歯のねじれをとっています。

1年6か月後

前歯の後退を開始しました。
断面が四角いしっかりした針金に変わったため、
痛みがわりと強かったそうです。
顎間ゴムを頑張って使用していただきます。

1年11か月後

隙間が閉じてきているのと同時に、
上下の歯の正中のズレも小さくなっています。

2年後

再レベリング、空隙の閉鎖が終了し、
仕上げ前にもう一度歯のねじれをとっています。

2年2か月後

仕上げの針金がはいりました。
上下の歯の正中は一致しています。

ページトップ